砂漠とラクダに魅せられた陶芸家、一念窯をご紹介します。

特定商取引法の表記お問い合わせサイトマップ
陶磁器ギャラリー一念窯
一念窯のご紹介 一念陶歴 作品集 ショッピング ギャラリー お知らせ
トップ砂漠とラクダに魅せられた一念窯のご紹介

一念窯のご紹介

砂漠とラクダに魅せられた一念窯のご紹介

一念窯は昭和二十五年初代尾田一念の手によって創られ、以後母と娘の二人三脚での陶芸製作を行っております。砂漠ラクダをモチーフにした作品は一念を代表する作風で、独自のスタイルで数々の賞を受賞してきました。また二代目芳炎は、初代の作風・信念を忠実に受け継ぎながら、新しい作品を創り出し、数多くの受賞・入選をしております。長崎の郷土人形で有名な南蛮人形の焼物や、焼物ランプなど独特の作風をお楽しみ下さい。これら陶磁器や絵画を展示している一念窯ギャラリーでは、数多くの作品集をご覧頂けます。

>>ギャラリー一念窯の紹介


尾田一念 尾田一念と芳炎 尾田芳炎
一念窯「登り窯」にて陶作活動中の初代一念と二代目芳炎

サハラの砂漠とラクダに魅せられ、独自の世界観を確立/初代尾田一念 初代 尾田一念の作陶風景

砂漠とラクダに魅せられサハラを旅した初代一念

砂漠やラクダをモチーフにした作品は一念を代表する作風です。何度となくサハラ砂漠を訪れ、その風景に触発された一念は、陶芸家として独特の世界観を見出しました。誰の弟子にもつかない独自のスタイルで陶芸を学び、女流陶芸家として数々のテレビや、新聞でも紹介され、数多くの賞を受賞しております。
サハラ砂漠 グランエルグにて 大正十二年八月に生まれ。幼いころから絵を描くのが大好きで、暇を見つけては絵を描くことに没頭する少女時代をおくります。焼き物を始める切っ掛けとなったのは、町かどで子供達と一緒にキャンバスを立て絵を描く折り、波佐見焼の製陶所から焼物のデザインを依頼されたのが始まりになります。初めての焼物は七輪を二個合わせて焼いたもの。自分で七回も窯を作り試行錯誤を繰り返し、現在の一念窯に至ります。
サハラ砂漠 グランエルグにて 作陶活動中の初代目 尾田一念

野草絵釉裏紅ゆり口花瓶 焼メ緑釉ラクダ絵徳利 南蛮焼メラクダ耳付きキャラバンサライ絵壷サライ砂入 夕映えのラクダキャラバン一念窯ファンタジー
「野草絵釉裏紅ゆり口花瓶」 「焼メ緑釉ラクダ絵徳利」 「南蛮焼メラクダ耳付き
 キャラバンサライ絵壷サライ砂入」
「夕映のラクダキャラバン一念窯ファンタジー
尾田一念作品
サハラ砂漠に一人で渡航して以降の作風は、ラクダや砂漠をモチーフにした作品が多く見られます。
作品集はこちら


二代目 尾田芳炎 陶磁器ギャラリー一念窯−砂漠とラクダに魅せられた陶芸家作品集/初代 一念を引き継ぎ、更なる世界を創る 二代目 尾田芳炎

陶芸界に新しい息吹を吹き込み二代目芳炎

昭和二十三年12月生まれる。一念窯の創設者尾田一念の長女である、二代目一念窯尾田芳炎は初代の作風・信念を忠実に受け継ぎながらも更なる新しい息吹を吹き込み、数々受賞や入選をしており現在の一念窯に至ります。現代工芸・新工芸家連盟を経て、無所属独自の作陶を作ります。
二代目尾田芳炎の作陶の様子 二代目尾田芳炎の作陶の様子
作陶活動中の二代目 尾田芳炎  

長崎古代南蛮人形 あざみ線彫り土灰釉窯変耳付扁壷 黒釉窯変掻き落しから草文耳付花瓶 青釉窯変から草絵浮き彫り文ランプ
「長崎古代南蛮人形」 「あざみ線彫り土灰釉窯変耳付扁壷」 「黒釉窯変掻き落しから草文耳付花瓶」 「青釉窯変から草絵浮き彫り文ランプ」
二代目 尾田芳炎作品集
長崎の郷土人形で有名な南蛮人形の焼物や、焼物ランプを制作するなど、初代尾田一念の作風を受け継ぎつつも新しい息吹を吹き込みます。
作品集はこちら

お問合せはコチラ。TEL:0956(82)3363

一念窯TOP
砂漠に魅せられた一念窯のご紹介一念陶歴陶芸家の作品集ショッピング陶磁器ギャラリー一念窯の紹介お知らせ

Copyright (C) 2005 gallery-ichinen. All Rights Reserved.
陶磁器ギャラリー『一念窯』 〒859-3617 長崎県東彼杵郡川棚町三越郷443-4